FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-03-27 (Sun)
3月11日、午後2時46分。

東日本を大地震が襲いました。


それから、ずっとブログを更新することができないでいましたが、
ようやくパソコンに向かう時間が取れました。

何から書き始めたら良いのか、迷うところではあります。


まず最初に、拍手コメントを下さった方、ありがとうございました。
ずっとブログのチェックができなくて、誠に申し訳ありません。

拍手コメントには、私が9日の地震について、何だか異様な印象を
感じていたことに触れていました。

そうです。
11日の地震の前に、9日に激しい揺れがあったのです。
午後から、あられのような激しい雪になり、それが本当に不気味でした。
もしも、その時に、2日後に起こる大地震を予測できている人がいたら
あの大津波を避けて、沿岸部全員が避難できていたかもしれません。
11日の地震の後、突然空から雪というか、ヒョウが降ってきました。
その時、9日の地震は、この予兆だったのか…と思いました。


あまりにも哀し過ぎます。


私の現況をお話します。

自宅、会社共、被害は大したことがありませんでした。

自宅は、食器棚やサイドボードから溢れたガラスの器やグラスが割れました。
築15年目の我が家、こだわって選んだクロスは無残にも亀裂が多く、
少しずつ片付けていた物も、散乱しました。

会社は、グラスひとつ倒れませんでしたが、後日になってビルの高架水槽が
倒れていたことが判明し、断水となりました。

同業者の中には、大津波により会社を流された方もいます。
従業員が行方不明だという方も知っております。
また、管理している物件が流されたりというお話も聞いております。

実は、当社の故・会長の地元である亘理郡の、親戚の家が何件か流されました。
怪我をしている親類、未だに行方不明者もおります。

身内がこのような状況ですので、またブログを中断しなければならないことも
あるかもしれません。


仙台で40年以上不動産業を営んできて、たくさんの住まいのお世話をしてきた
ので、自分に何ができるのか考えました。

震災から復興するための、住居についてや、その他のご相談に応じながら
自分にできることを精一杯模索し、実行を積み重ねていきたいと思います。

皆さん、一緒に頑張りましょう。

* Category : 東日本大震災
* Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。