02≪ 2015/03 ≫04
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-03-11 (Wed)
3月11日は、東日本大震災のあった日。
まだまだ日本中、世界中の人々の心に深く刻まれて
います。

あの日のあの瞬間のことは、まだ体のどこかに感覚が
残っている気がします。
仙台の中心部に位置する当社ですが、揺れの激しさは
本当に恐怖でした。
震災の直後、当社の前の一般道路は、人で溢れて
いました。
周りのオフィスビルから一斉に出てきた人々。
ざわついている中、余震が続きました。
電柱が飴のように揺さぶられて、周りの高層ビルがゆらゆら
と波打っていました。

地震の瞬間から停電になったのですが、その時はある程度
の時間が経過すれば、すぐに復旧するだろうと考えて
いました。
空が不気味に真っ暗になり、雪が降ってきた時、ただ事では
ない気がしてきて、足が震えました。

海外で、地震によるビル崩壊のニュースがまだ記憶にあった
ものですから、周りの景色でビルが崩壊などというものが
ないという安堵感から、自分はここから避難しなくても良いと
判断しました。
いったん外に出ていた私は、社内に戻り、馴染みのお客様や、
同じビルに入っている人々を中に入れてあげました。
声をかけ合いながら、早く落ち着いた時間が戻ってくることを
願っていました。

しかし、ワンセグで情報を観ていた人から、津波で命を落とした
方が大勢いるという信じられない言葉を聞きました。
石巻の自宅に携帯電話からかけてもが繋がらないというお客様に、
もしかしたら公衆電話からなら繋がるかも、などと励ましていた
私でしたが、まさか沿岸部で次々と津波被害があったなんて、
その時点では、理解し切れていませんでした。

その後、親類や知人の命が失われた現実や、家主様が亡くなら
られたことなど、たくさんの悲しい体験をしました。
あれから4年、公私共に色々なことがありました。

震災を同じように体験した私達ではありますが、内陸部と沿岸部
では、被害の大きさは異なります。

住むところを失うということは、とても大きな打撃です。
たくさんの被災者が、避難所生活や仮設住宅での暮らしの中で、
それでも生きていく力を失わず、共に支え合っている姿を
テレビや新聞などで見かけては、頑張って下さいと、呟く私で
ありました。
借り上げ住宅のお世話をしたり、そこから新たな住まいへと
再出発される方を見届けたり、様々なことがあった4年でした
が、本当に人それぞれの4年という時間が流れているのだと
感じています。

市内の中心部は、道路が整備され、地下鉄東西線の開業が
目前で、街はどんどん変化しつつあります。

そして、甚大な被害があったあちこちでも、復興が徐々に進んで
いる様子を知る機会が増えてきています。

「あの日のことを忘れないで」
あちこちで聞く言葉ではあります。
私達被災地の人間は、
「あの日のことを忘れることは決してない」
という言葉が出てくるのです。

心には決して塞がることが無い傷はあるけれど、やっと4年経って
楽しい時に、素直に笑える瞬間がどんどん拡がってきています。
地元の美味しいものを食べて、なごやかな会話が聞こえてくる、
一つひとつの住まいからのあったかいムードもまた、復興へ繋がる
と思います。
これからも、皆様の住まいの未来を見守り続けていきたい、そう
考えながら、今日一日を締めくくりたいと思います。


犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

そして、毎日復興のために頑張っている皆様、どうぞこれからも
宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
Theme : 仙台 * Genre : 地域情報 * Category : 東日本大震災
* Comment : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。